コンテンツマネジメントシステムの多言語


コンテンツマネジメントシステムサービスはWebサイトの常識を塗り替え、ふり幅を大きく広げてきました。これらがあるおかげでWebに見識のない人々でもホームページを気軽に作れるようになりましたし、運営や管理も簡単に済ませることができるようになったのです。そしてこのことにより国内でのさまざまな情報がシェアされるようになりましたが、さらに注目されるところとして、海外の情報がほぼ同時にタイムリーに入ってくるということが挙げられます。

なぜなら、現在コンテンツマネジメントシステムサービスでは多言語を扱うサイトを構築することもできるからです。多言語サイトとは、デザインやホームページの構成はそのままに、書かれている言葉だけをほかの言語にすり替えて見られるサイトのことです。これにより、海外のサイトが日本語で見られたり、日本語のサイトを世界中に広めることができたりと、ワールドワイドなつながりを見られるようになりました。インターネットは世界中につながっていますから、いま日本で出たばかりの情報をすぐに翻訳して現地で見るということも難しくはないのでしょう。

しかしながら、この多言語サイトはいったいどのようにして作られているのでしょうか。管理はどのようにしているのでしょうか。多言語をcmsにすることにはどんなメリットがあるのでしょうか。ここではコンテンツマネジメントシステムサービスによる多言語サイトについて解説しましょう。